神楽の夜アイコン
秋田の厳選食材
  • 比内地鶏 薩摩地鶏や名古屋コーチンと並んで、日本三大地鶏に数えられる比内地鶏。肉質が良く、風味も良いが、生育環境に厳しい規定が設けられ市場的にも価値の高い鶏。
  • じゅんさい 睡蓮などと同じように葉を水面に浮かべる水草。澄んだ淡水の池沼に自生したり栽培されている。
    寒天質で覆われた若芽は日本料理で食材として珍重される。秋田県三種町は生産量日本一。

  • 秋田美豚 生育環境にこだわって、飼料に抗生物質・合成抗菌剤を一切使用していない薬に頼らない健康な豚。肉質は柔らかで、良質な脂肪はほのかな甘みとコクが特徴。
  • あきたこまち コシヒカリより早熟でかつコシヒカリの食味特性を持った品種を目指して育成された秋田県の奨励品種。もちもちとした粘りのある食感が特徴で、おにぎりにして冷めても粘りがあるのでおいしい。

  • 稲庭うどん 秋田県稲川町稲庭地区に伝わる稲庭うどんは、かつては藩主御用達として庶民の口には入らなかったと言われる高級うどん。
    乾麺とは思えない喉越しの良さを誇る日本三大うどんの一つ。
  • 北限の秋田ふぐ ふぐと言えば下関が有名ですが、実は隠れたふぐの産地 秋田。
    これ以上北の地域では育たないことから北限の河豚と呼ばれています。秋田沖の低い水温で育つふぐは、身が引き締まりっているため、身を薄く切り盛りつける「河豚の薄造り」にぴったりです。

ディナーメニュー

ページトップボタン